狼と踊る男

日々楽しむコーヒーを綴る。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グァテマラとケニアを。

COFFEE > Roast

今日はグァテマラケニアの2種類焙煎

グァテマラ/サンフェルナンド農園/パカマラ種
ケニア/キリニャガ地区/SL34SL27



前半の水抜きをゆっくり行い、その後は家で出せる最大のガス圧2.2まで上げました。

今までは1ハゼ後の進行が早く進行してしまうであろう不安から、最大のガス圧で行ったことが無かったのです。水抜き時のガス圧を低めに進行して、段階的に上げていき、無事1ハゼ後すぐの2ハゼという状況にならずに済みました。

また、1ハゼ後は終了まではダンパーを結構開き気味だったのを、1ハゼ後~2ハゼまでは閉じ気味に。

香気成分、味の成分が飛びすぎるのを防ぐためです。八ゼた後は排気口からモクモク煙が出ているので「出て行け!」とばかりに全開にしていました。また、排気のファンが無いので(自然排気)開かないと煙で炙ってしまうと考えていたのです。
まぁ、出しすぎ・閉じ込めすぎにならないのがいいのでしょうが。

最近読んだ「コーヒー焙煎の技術」という本の受け売りですが、なんだかよさげ。新しい焼き方のヒントをもらえて面白いです。前から読みたかったもので、最近ようやく借りられました。この手の本は皆高くて簡単に手が出せずにいました。有名自家焙煎店のデータが惜しげもなく載っています。

煎りあがりの豆の香りが良く出ているように感じます。
抽出した時のフレーバーが今までより現れるとうれしいのですが。





関連記事

Comments


300g焙煎機の新しい発見いいですね!

その本、私も以前からほしいと思っていたのですがより読みたくなりました(笑)

300グラム焙煎機にそのまま反映はできないと思いますが色々な手法があって、しかも有名店達がそんな感じだからおもしろいです。読んで損なしですよ!







« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
facebook
ランキング
プロフィール

オニオンフレーバー

Author:オニオンフレーバー
コーヒー好きの報告場所。完全マイペースでお送りします。

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。