狼と踊る男

日々楽しむコーヒーを綴る。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニカラグア 

COFFEE > Coffee Beans

「ニカラグア リモンシージョ ジャバニカ」を珈琲問屋で購入。

豆を注文するとコーヒーが一杯もらえました。また、1杯200~300円位でテイクアウトだけの販売もしていて、スーツ姿のお客さんが多数出入りしていました。

豆の販売は生豆100g時での単価設定。実際には焙煎されると、飛んだ水分量の分軽くなるので気をつけないといけないです。今回は100g(¥350)購入で焼き上がり85gだった。ラベルにいろんなデータが記入されているのですが、そのなかでも焙煎時間は驚きの130秒。自分で焙煎するときはおおむね14分前後で終了なので、わずか2分10秒とは・・・
               
             DSC_0040.jpg
    
ここで使用している焙煎機は「ジェットロースター」というもので熱風式で短時間焙煎が可能というものでした。珈琲問屋さんのHPにジェットロースターについて少しだけ記述がありました。「ジェットロースターの良さ」

注文後数分で焙煎が完了するオンデマンド。確かに焙煎度が選べて、焼きたてが買えるというのが魅力という人は結構いるのだろうな。
でも個人的には、その豆の産まれた背景やテロワール、生産者の情熱を酌んでの「だからこういう焙煎にしました」という豆屋さんがいいです。せっかく手塩をかけて作られ、海を渡ってきたのです。その思いも一緒に届けてもらいたいものです。

しかし珈琲豆屋もいろいろですね!
関連記事

Comments







« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
facebook
ランキング
プロフィール

オニオンフレーバー

Author:オニオンフレーバー
コーヒー好きの報告場所。完全マイペースでお送りします。

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。