狼と踊る男

日々楽しむコーヒーを綴る。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さあ!手網焙煎だ!!

COFFEE > Roast

アウトドアでは道具さえあれば焙煎も手軽にできます。
自然の中、チャフ(コーヒー生豆薄皮)が飛び散るのも気にせずコーヒー焙煎を楽しんでみてはどうでしょうか?
image_20130313001341.jpg

とは言っても興味はあるけど何から用意すればいいのかわからない方へ。
簡単にご紹介。

まずは道具。

手網焙煎職人
「銀杏煎り」の名前のものなど様々な手網が出ていますが、おすすめはこちら「焙煎職人」。
網の底の凸凹処理が生豆をよく転がしてくれて煎りムラになりにくくしてくれます。この処理がないと生豆の平らな部分が横滑りしてひっくり返らず、滑っている時間が長くなれば長くなるほどその部分だけ焙煎が進行してしまします。この凸凹はかなりポイント高いです。
アマゾンには売って無いようですね~。ブランディングコーヒーにありました。

生豆
なかなか売っているお店が見当たらない生豆。ここはネットで購入しましょう。
少量販売しているお店です。探せばまだまだあると思います。

コロネーションコーヒー 500gから販売
World Beans Shop 200gから
生豆本舗 100gから
ワイルド珈琲 500gから

値段は大量購入ほど安くなります。当たり前ですね。

・軍手 ・ざる(冷却用) ・うちわ ・ストップウォッチ ・消火用の水
大体が100円ショップで購入できますね。

あとは熱源です。
焚き火、炭火、カセットコンロとありますがその時あるものになりますね。
いずれにしても外でやるので風の影響は多大です。できれば熱源に直接風が当たらないように周りを何かで囲ってあげられるといいです。家庭のコンロ周りに使う油の飛び跳ね防止「レンジガード」なんかを流用すると役立ちます。

**流れ**
①スタートから豆の色が黄色になるまで熱源から少し離して(20cm位)網を振る。
②黄色くなったら熱源に近づけて(10cm位)1ハゼを待つ。
③1ハゼが始まったらまた少し離して(20cm位)2ハゼを待つ。
④2ハゼがくる
10~20分くらいで終わればきっと美味しく飲めるコーヒーに!

image_20130312223034.jpg
ざっくりな説明ですが、初めてやるのならポイントは色と音でしょうか。
特に1ハゼ(パチパチ)、2ハゼ(ピチピチ)は焙煎の終わりを決める目安にはもってこいです。
2ハゼくらいになると豆の色が黒味を帯びてきて、どんどん色付いていきます。
あまり焙煎が進むと豆の脂分に引火して危険なので、2ハゼが勢いよくなったくらいでまででやめておいたほうがいいかもしれませんね。消火用の水を用意しておきましょう。
最後にザルに移して団扇であおいで冷却します。手早くやってあげないと余熱で焙煎が進行してしまいますよ!

**抽出**
焙煎したらすぐに飲みたくなります。
屋外での簡単抽出なら「エアロプレス」やリバーズ社のこんなオシャレなのがオススメ。ユニフレームの「コーヒーバネット」やカリタの「簡単ドリップ」も楽ちんですね。
楽ちんといえば最近話題の「クレバーコーヒードリッパー」もいいですね。

**ミル**
その前に粉にするミルが必要でした。ワイルドな人はコーヒー豆をビニールなどに入れて石ですりつぶすらしいですが・・・
スモールサイズミルなら、「ポーレックス ミニミル」やHARIOの「セラミックミル」あたりでしょうか。



★個人的なポイント★

1、手網は「焙煎職人」
ここの会社の売り子じゃないですが凸凹処理は侮れません。
2、防風あったほうがいい
何かしらで風は防いだほうがいいです。なかなか熱が豆に伝わらずに1時間くらい網を振り続けたこともあります。石を積んで壁を作ったりBBQの鉄板で風を遮ってもいいですね。腱鞘炎にならないためにも防風を!
3、ひたすら振り続ける
煎りムラにならない為にもとにかく手を止めずにがんばります。グルグル回さず、左右にチャチャチャです。疲れた時はみんなで交代交代しながらやるのも楽しそう。
4、味も気になるけど、アウトドアだからさっ!
美味しくできれば最高だけど、自然の中です。風が強かったり、焚き火が安定しなかったり・・・うまくいかない要素もあります。コーヒーを自然の中で1から、焙煎から作っていく。その煎りたてのコーヒーを飲む。そんな工程を楽しむことが最高です!
そして自分で、みんなで頑張って焙煎した豆は、きっと2倍は美味しく感じますよ!
(味を追求するのなら室内がオススメです)


少しずつ暖かくなってきて外遊びも快適な季節になりますね。
バーベキュー後の炭火を使って締めのコーヒーは手網焙煎。
なーんて手間のかかることもコーヒー好きならやってしまいそうですね~。
image_20130313012218.jpg





ブログパーツ
関連記事

Comments







« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
facebook
ランキング
プロフィール

オニオンフレーバー

Author:オニオンフレーバー
コーヒー好きの報告場所。完全マイペースでお送りします。

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。